最高に美味しくできたホシノ天然酵母使用の食パン

  • 2021年10月7日
  • パン
  • 24view
  • 0件

ホシノ天然酵母を使ってみて、「なんとなく今まで作ったパンよりも美味しい気がする」から確実に美味しい!に気持ちが変化したのがこの日に作った食パン。
この食パンのせいで天然酵母の沼にどぷっと足を踏み入れた音がしました(´艸`*)

レシピは絶大なる信頼を寄せているれっさーぱんださんのものを参考にしました。

ミルクとバター入りなのでふかふか。
私の作った元種は全粒粉入りなのでちょっとつぶつぶが入っていますが、問題なく膨らんでくれてほっ。

きのこっぽい形に食パンを成形したかったのであえてのパウンド型使用です。

良い焼き色。ふわっと焼きあがりました。

そうそう、先日新しい道具を取り入れてみました。
どうというほどの道具ではないんですが、打ち粉や粉糖で頻繁に粉をふる作業があるので粉ふりボトル買ってみたんです。

これがまぁ想像以上に便利で、なんで今まで買わなかったのかと思うほどに効果を発揮。

粉糖を逐一茶こしでふるったり、打ち粉用の粉を出しすぎたりもなくなり、片手でひょいと粉を振れるのが便利すぎて。

料理で小麦粉をまぶしますみたいな作業の時にも便利ですねぇ。
というわけで小麦粉、粉糖、強力粉を入れて使ってます。

まだ使い始めて数日なのにもうこれなしではいられない体になっています(´艸`*)

食パンを焼いた日に、この大きな梨も届いたんです。
新高梨。新潟と高知のブレンド……というわけで故郷の梨はすごく美味しく、田舎のおばぁちゃんが毎年送ってくれるのです。

これ、顔くらい大きいのですよ。
フレッシュな状態も本当に美味しいのですが、生食で1/5ほど夫婦で食べた後すぐ梨ジャムにしました。

さっそく焼き立ての食パンとフレッシュな梨で作った贅沢なジャムを合わせて。

こんな美味しい組み合わせないってほどに美味しい。
食パン自体も、この日が人生一生地の状態が明らかによくって(グルテンチェックを初めてなんとなくでも納得できた日)、非常に美味しい。

パンの皮は固すぎず柔らかすぎずの良い塩梅で、中は本当にふわっふわで。
風味も食感もすごく納得のいくパン。

いろいろ苦労するぶん、パン作りってうまくいったときに嬉しいですねぇ。

翌朝はホットサンドに。

ホットサンドメーカーに有塩バターを熱して、パンの間には前日作った梨じゃむをどさっと入れて焼く。
ただそれだけ。

バターの塩っ気と甘いジャムの相性が抜群で、朝から唸るほど美味しい朝食となりました。

ホットサンドメーカーも、実家にはないもので習慣がないから続かないかもーなんて思っていましたが、意外と続くものなんですね。
手入れが楽というのもありますが、一番は心底美味しいから。

美味しいと手間を惜しまなくなりますねぇ。
食が整ってきて嬉しい。

 

 


ホットサンドメーカー、同じものが見つからなかったのですがこれもすごくかっこいい。

 

ホシノ天然酵母、やはり美味しいです。液だね作りに24時間かかりますが、頻繁に焼くんであればある程度まとめて作れるので苦になりませんでした(´艸`*)

 

 

ランキングに参加中です。 応援クリックよろしくお願いします☆ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
>
CTR IMG